読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目的別おすすめ勉強法はこれ!

あなたはどうして英語を学びたいのか、その目的別に勉強法を見つけましょう!

日常会話ができるようになりたい

あなたに必要なのは、頻出フレーズの大量インプット。教材を使うやり方と、日常会話主体のドラマを見るのがおすすめです。 ・中学英語レベルの参考書を一冊復習 ・英会話スクールやオンライン英会話で初級~中級教材を使って頻出フレーズを覚える。 オンライン英会話 DMM英会話がおすすめな理由 ★オススメ★ 楽しく見れるドラマ「Friends」を使います。日常生活が舞台なので、話されるセリフは実際の生活の中で使われるフレーズばかり。テキストで学んだフレーズが実際の会話の中でどう使われるがわかります。 HuluでFriendsを見る 本当の日常英会話はドラマで学べる

仕事で必要だから

街を歩けば外国人とぶつかる世の中。気がつけばどの仕事も外国と接することが不可欠になってきています。私もそんな一人。 私たちに必要なのは、完璧な英語ではなく、間違いなくコミュニケーションをする能力です。 ボキャブラリーは本当に必要な最低限を覚えます。1500語覚えれば、言いたいことのほとんどをカバーできると言われていて、これでコミュニケーションをとるのがグロービッシュ。 ネイティブとして英語を話す人は2割くらいで、実は英語を話すほとんどの人は私たち日本人と同じように英語が母語ではないんです。実際に話してみるとわかりますが、文法や単語も間違って使っていて、私たちと変わらないレベルの人が多くいます。 完璧な英語ではなく、仕事をこなすための”サバイバルイングリッシュ”を目指しましょう。

就職・転職に生かしたい

外国との取引がどんどん増えている今、英語はできて当然、できなければ不利。履歴書の資格欄にTOEICの高得点を記入できるようにしてライバルに差をつけたいところ。 ひとりで参考書や過去問をこなしていくのは自己管理能力がいります。そこでスクールやオンライン英会話を利用するのも手。TOEICで最も必要なのが時間との戦い。頻出事例や解き方のコツを専門的に学ぶことができます。

留学したい

海外留学して英語どっぷりの生活をするのが英語が上達の理想。でも留学前にある程度話す・聞くことができるようにならないと、留学先で相当苦労するはず。ドラマや映画をたくさん見て、日常的に使われるフレーズを大量にインプットしちゃいましょう。 U-NEXTでドラマを見る Huluで映画を見る